株で損をしない方法

昔から株で得をする人が1割、残りが損をする人だと言われてきました。失敗する人の大半は株に対する知識と経験がなく、得をする機会を逃してしまっていると言われています。事前に失敗する点を理解することで、失敗しないための知識を学んでいきましょう。

徳山セメントの株式やピクテの投資信託による資産運用

株式投資をするには、将来性のある業界の会社の株式を所有すると、将来の値上がりを期待できます。景気の良い業界には、自動車などの輸出産業がありますが、輸出産業は為替レートの変動の影響を強く受けますので、円高が進行すると業績が悪化します。最近は円高の傾向が見られますので、長期的に考えると自動車などの輸出産業の会社の株式は、値下がりする可能性があります。
景気の良い業界には、不動産業界や建設業界などがあります。最近は東京の商業地の地価が上昇しており、東京の一等地では、建設ラッシュが続いています。今後も2020年のオリンピックの開催に向けて建設ラッシュが続くと予測され、セメントの需要はますます高まることが予測されます。
徳山セメントは日本を代表するセメント会社であり、好調な業績が続いています。2016年の1月から2月にかけては株価は大きく下落しましたが、これは世界的な株安が原因であり、徳山セメントの経営状態に問題があったわけではありません。現在はとてもお買得になっており、今のうちに購入しておくと、将来の値上がりが期待できます。
株式投資が初心者の人は、企業の経営状態を分析したり、将来の動向を予測することは非常に難しいです。ピクテ・グローバル・インカム株式ファンドは投資信託の金融商品であり、世界の公益企業に対して投資をすることができます。世界中の電力会社やガス会社、電話会社に分散投資をすることができ、リスクを分散することが可能になります。電力会社やガス会社などは倒産のリスクが非常に低いため、安全性の面でも優れています。ピクテ・グローバル・インカム株式ファンドを購入すると、収益は毎月分配されますので、好調な業績が続くと定期的な収益が見込めます。